ずうのめ人形/澤村伊智

ずうのめ人形(角川ホラー文庫)

 

 

あらすじ

不審死を遂げたライターが遺した謎の原稿。オカルト雑誌で働く藤間は後輩の岩田からそれを託され、作中の都市伝説「ずうのめ人形」に心惹かれていく。そんな中「早く原稿を読み終えてくれ」と催促してきた岩田が、変死体となって発見される。その直後から、藤間の周辺に現れるようになった喪服の人形。一連の事件と原稿との関連を疑った藤間は、先輩ライターの野崎と彼の婚約者である霊能者・比嘉真琴に助けを求めるが―!?

 

感想ネタバレ?

これはホラーの顔したミステリー小説です!

いや、怖かったですよ。

でも読み進めていくうちにもうミステリーです。

 

テンポも凄く良くてあっという間に読めます。

というか、小説なんですけど映像が浮かぶというか。

いや、映像で観たいんですけど。

 

これもまた三章に分かれていてそれぞれの視点で進んでます。

三章で「え!?騙されてた!」って思いますよ(笑)

もちろん色んな伏線の回収もされてそれがまたお見事です!

 

僕はミステリーが好きなんですけど、ホラーもいいねえ〜なんて思いました。

でもそれは伊智さんだからそう思うのかな。

ホラーだし、怖いんですけどミステリー要素があってグイグイ引きずり込まれました。

 

 

読む順番(笑)

2018/7/24 澤村伊智 (著)

2018/7/24 澤村伊智 (著)

 

 

性同一性障害(FtM・FtX)ブログランキング
人気ブログランキングへ

犬猫みなしご救援隊
↑クリック!!

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました