治療なしで男として扱うのは難しい

 

 

もう読みましたか?

そういえば… | FTM メオト 日記

 

そうです。禁断の人妻ブログです。

決して人妻のあの団地には踏み入ってはいけません。

あの人妻団地は禁断だらけなのです。

そうです。

全部意味不明です。

 

禁断の引用をします。
言いたいだけ

「子供や結婚のことは最初から分かっている。それを望むなら最初からあなたと付き合っていない」

「私は幸せにしてもらいたいわけではないし、私の幸せの基準は私が決める。あなたの基準じゃない」

 

「一緒に悩んでくれる彼女」と「悩みを吹っ飛ばしてくれる彼女」

どっちがいいかは好みですが、僕は圧倒的に後者が好きです。

 

彼も悩みを吹っ飛ばしてくれる…と思ったのですがそれは気のせいでした。

なぜなら彼に悩みを言ってないからです(笑)

というか僕ってば悩みがない?

そんなバカな…!

 

と、ここまでの話は性別関係ないんだぜー!

結婚も子供も、男女なら問題なくクリアできると思って??

そんな簡単な話じゃないんだゾ。

 

で、こっから悩めるFTMの話。

ただ、治療や改名・戸籍変更は、夫の”男性である自分”を肯定するひとつひとつの要素になったのだと思います。

性別欄の[男]に丸をすることも、男性として働くことも、時間が経過すれば慣れます。

「バレるかも」なんてドキドキするのは最初だけです。

社会的に男性でいることは、そのうち日常になっていきます。

 

ね。

治療なんてさ、自分が生きるためのひとつの方法です。

必要だからするだけで、必要がなければしなくていいんですよ。

色んなこと全部、自分がそうしたいからそうしただけです。

誰かにやれって言われました?

「バレるかも」なんつーのは二の次です。

モニャモニャして、嫌ならやらなきゃいいだけです。

禁断の人妻が言うように、もう「(僕の場合はある程度の)男としての生活が日常」です。

その日常は治療したから手に入れられたのかな。

治療なしで男として扱うのは難しいですよ。

友達でもあるまいし。

だからそれはMTFを考えればすぐ分かるじゃないですか。

何にもしないでFTMだけ「心は男」で通るの?

MTFは?

心は見えないっつーの。

誰の心も見えないのになあ。

 

 

性同一性障害(FtM・FtX)ブログランキング
人気ブログランキングへ

 

 

犬猫みなしご救援隊
↑クリック!!

コメント

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました