ウィンクで乾杯/東野圭吾

 

あらすじ

玉の輿を夢見るパーティーコンパニオンの香子。香子の同僚の絵里が密室で殺された。警察は自殺と判断するが、今度は香子の親友の由加利が殺されて。。

 

感想

ちょうど友達がパーティーコンパニオンをしていたので、スッと物語に入れた(笑)目当ての男に対しての女のその様を、あざといと取るか、努力と取るか、その描写は興味深く感じた(笑)。次々と出てくる登場人物が全員怪しいけど、そこまで人数は多くないので読みやすい。読みやすさは大事(笑)。

下記からネタバレ注意

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

随所随所にヒントは散りばめられてるけど、結果としは「ふーん」な印象。大事な証拠をゆかりは見つけたらしいけど、どうやって?で、どうやってそれを元に戻したんだか。。伊瀬のメッセージにヒントがあったが、それを絵里が気付くかー?(笑)バンビ入社も結局は偶然だったのか?んー。隙を見てコップをすり替えるってそんなの出来る?僕たまに「あ!?」って言って相手の後ろを指差してこっそり相手の物を食べたりするけど(笑)、大概バレるし、うまくいったのは数える程度だよ?

二人っきりで静かな部屋でコップを相手とすり替えるなんて出来るとは思えないね。という事で、ラストは少々無理がある。東野圭吾にしてはオチが薄いと思われた。

 

 

小説ブログランキング

 

コメント

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました