死なないで/赤川次郎

 

 

あらすじ

男っ気のないOL・七代は、とてもさわやかな年下のサラリーマン・古賀にいきなりプロポーズされた。
最初は疑っていたが、母親に紹介されたり婚前旅行を提案されたり、ついに自分も……と思っていた矢先、旅先で古賀が失踪する。どうしても古賀を憎めない七代は、自らの足で真相を突きとめようとするが!? 事件と事件が絡み合う、恋愛サスペンス。

 

感想

僕にとって、初の赤川次郎です!

読み始めてみて、テンポの良さと、女性が書いたような柔らかさを感じました。読み終わって改めて考えると、けっこう登場人物多いんですよね。でもスッと入ってきてたことに気付いて、僕の言葉で言うと「すげーな!」です。言葉のボキャブラリーがマジでないです(笑) そのうち「マジ卍」とか言いそうです。

物語は、デキる女だけど、恋愛に縁がないキャリアウーマンの日常から始まります。「恋愛とかそういうのいいや、自分がいちばん自分わかってるし」みたいな、諦めとも言い切れないような。。少しだけ、彼と出会った頃の自分を思い出しました(笑)

で、「え。。これって本気?本気になっていいのワタシ」っつー自問自答が始まるんですよね。てやんでい。

そういえば恋愛ミステリーだったんですよね。恋愛モノも意外と面白いもんですね。ぜんぜん眼中にないジャンルだったんですけど、コンビニでいつもの衝動買いです(笑) とは言え、大人の落ち着いた恋愛モノだったから、しっとりと読めました^^

新鮮な、女性同士の(OL)の会話や、大人の恋愛の会話、ストーリーもテンポ良いし、あっという間の、二日間で読めました。

ミステリーだから謎が謎を呼んで、本当に止まらなくなりました。またいい時間になっちゃいました。プンプン(さとう玉緒)

「死なないで」というタイトルに込められた意味を考えるのも面白いですよね。あの人もこの人も「死なないで」か〜。みたいな。

放っておけないっていうその優しさは、もちろん悪いことではないですよね。でも、その優しさは時に残酷だったり、悲劇を生んだり。。キャパ超える前に誰かに頼ろうと思いました。

意外と、本当にヤバイ時って助けを求めたり、誰かに頼るって勇気入りません?

今まで、さんざん友達には偉そうにアドバイスしてたくせに、いざ自分のこととなると、グルドの念力で動き止められたような感じになりません?(ギニュー特戦隊、ドラゴンボールより)

 

少しだけ御都合主義は見えました。でもそれを差し置いてもテンポ良くて引き込まれました。

 

 

性同一性障害(FtM・FtX)ブログランキング
人気ブログランキングへ
小説ブログランキング

コメント

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました