サブマリン/伊坂 幸太郎

サブマリン/伊坂 幸太郎
   

サブマリン (講談社文庫)

あらすじ

家庭裁判所調査官の武藤は貧乏くじを引くタイプ。無免許事故を起こした19歳は、近親者が昔、死亡事故に遭っていたと判明。また15歳のパソコン少年は「ネットの犯行予告の真偽を見破れる」と言い出す。だが一番の問題は傍迷惑な上司・陣内の存在だった!読み終えた瞬間、今よりも世界が輝いてみえる大切な物語。

 

感想ネタバレ

傍若無人な陣内って人の格言にシビれます。

 

 

 

 

たくさんの未成年の子供を見てきた人ですが、子供だからって容赦しないんですよね。

家庭環境とか、色々ありますが、関係ない。

言葉はぶっきらぼうで冷たく感じますが、温かみがあるような。

ほら、実は雪ってあったかいじゃないですか(?)

しんしんと雪が降ってる日はあったかいんですよね。

それより底冷えする関東の冬の方が心底寒いって思いますもん。

そんな感じです。(語彙力)

 

環境を悔やんでも仕方ないというか…

実際のところやり切れないじゃないですか。

なんとか環境は変えられても親は代えられないってか、そーゆーのあるじゃないですか。

時代とか世代とかどーにもできないこと。

 

どんな誰であっても理由とか事情ってあるんじゃないですか?

抱えていることってあると思います。

でも、けっきょくのところ他人には関係ないんですよね。

他人事です。

でもその人に関わったら、事情を知ってしまったら、無関心ではいられないと思います。

まあ、そんなもんですよね。

ニュースの見出しを見ただけだと

「こんな酷い奴にはちゃんと罰を!」

と思っても、事情を知ったらトーンダウンすると思います。

「え、そんな理由があったの…」

ってところが情状酌量なのかな🤔

 

この「サブマリン」は「チルドレン」の続編らしいですが、特に問題なく読めました。

チルドレンも近いうち読んでみようと思います。

これは著者買いなんですけど、死神の精度/伊坂幸太郎も面白いですよ😁

短編集で読みやすくて死神のヤローは非情なのに泣ける😭

で、短編集なのに繋がってたりでニクいの。

 

2019/4/16 伊坂 幸太郎 (著)

 

 

性同一性障害(FtM・FtX)ブログランキング
人気ブログランキングへ

犬猫みなしご救援隊
↑クリック!!

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました