これら全ての障害を理解できますか?

 

 

LGBTを理解して欲しい方はこれら(下記)の障害について理解できるということでいいですか!?

 

引用

A群(奇妙で風変わりなタイプ)
・妄想性パーソナリティ障害 (広範な不信感や猜疑心が特徴)
・統合失調質パーソナリティ障害 (非社交的で他者への関心が乏しいことが特徴)
・統合失調型パーソナリティ障害* (会話が風変わりで感情の幅が狭く、しばしば適切さを欠くことが特徴)

B群 (感情的で移り気なタイプ)
・境界性パーソナリティ障害 (感情や対人関係の不安定さ、衝動行為が特徴)
・自己愛性パーソナリティ障害* (傲慢・尊大な態度を見せ自己評価に強くこだわるのが特徴)
・反[非]社会性パーソナリティ障害 (反社会的で衝動的、向こうみずの行動が特徴)
・演技性パーソナリティ障害 (他者の注目を集める派手な外見や演技的行動が特徴)

C群 (不安で内向的であることが特徴)
・依存性パーソナリティ障害 (他者への過度の依存、孤独に耐えられないことが特徴)
・強迫性パーソナリティ障害 (融通性がなく、一定の秩序を保つことへの固執(こだわり)が特徴)
・回避性[不安性]パーソナリティ障害 (自己にまつわる不安や緊張が生じやすいことが特徴)

 

これら全ての障害を理解できますか?

冷たい人でも冷徹でも非情でも構いませんが、僕には到底無理です。

この中で映画・ドラマなどでよく登場するのが反社会性パーソナリティ障害だと思われます。

ピンとこないと思いますがこれがサイコパスです。

 

今読んでいる本がこちらです。

↑click

 

この本を読んでいたら、あの人やあの人もそうだったのかな?と思いました。

が、厳密にはもちろん違いますよね。

色んな障害があります。

というか、誰にでもある一部分かもしれないと思いました。

それを自重、コントロールできないと障害になるのかなあ。

感情の振り幅が大きいとか。

(これは感想)

 

例えば、よく泣く、すぐ泣く人を【涙もろい、感受性豊か、涙腺が弱い】と好意的に捉えるか、【情緒不安定】と一歩引いて捉えるか。

その差って何でしょう?

やっぱり普段からその人自身を見ていないと分からないことですよね。

だから、誰にでもある一部分だけを見て、この人は「●●障害だ!」と決めつけるのは良くないと思います。

なんてテレビ見ながら「絶対こいつあの人種だよ!!」って暴言吐きまくりですが、あくまで僕と彼の会話です(笑)

 

では上記の本についてです。

 

サイコパス=猟奇的ではないんですよね。

逆に魅力的とはこれいかに。

 

赤線分かりますか?(笑)

個人的にはココがポイントな気もします。

この流れからの

 

これです。

「自分は手をくださない」んですよ。

言い方悪いですが、「取り巻き」が何とかしてくれるんですよ。

本人は「見てる」だけです。

何なら被害者ぶるかもしれないですね。

取り巻き(他人)の優しさを食って利用するんですね。

 

また別の障害です。

 

サイコパスの人物像は男性で自己愛性パーソナリティ障害は女性です。

気付きましたか?

そういう傾向がある、と言われています。

どんなんであれ、自分を愛して欲しいんですよね?

苦言も何もいらないんですよね?

ありのままの自分を愛して欲しいと。

へぇ。

 

 

対処法

引用

「かわいそうな自分」の演出には長けています。

同情を誘うのが常套手段です。

同情を誘って味方につけ、結びつきを強めることに成功すると徐々に本性を現す。やけに依存心が強くなったと感じたら要注意。

一定の距離を保つことが大事です。

図解 サイコパスの話

 

 

別に怖がらせたいわけでも、ビビらせたいわけでもないです。

いつも通り好きな本の紹介です。

こうしてきたからこの人は「●●障害だ!」と決めつけたところで、「で?」じゃないですか。

言いたいのはソコジャナイです(笑)

ただ、巻き込まれないようにね〜という老婆心です(笑)

嫌われたくないからって中途半端な優しさで自分を守ってると、逆にやられますよ、と。

 

本には他にも恋人がサイコパスだったら?家族がサイコパスだったら?

と色々書かれています。興味深いです。

 

僕の中で有名なカリン様は、ボサツのような人ですけどちゃんと自分という芯がある人です。

彼もああああああ見えて優しい人です。

でもすすすすごく芯があります。
てかいつでも俺。俺様。掃除以外の言い訳はしない。

だから二人とも好きなんですよね〜。

 

 

性同一性障害(FtM・FtX)ブログランキング
人気ブログランキングへ

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました