男と女とトランスジェンダー

 

 

義姉が入院中のとき、産婦人科で感じたことですが…

他人に対して、赤ちゃんの性別ってハッキリ提示するんですよね。

生まれた後、赤ちゃんの生年月日などを記したカードも、男の子は青、女の子はピンクなので、性別は一目瞭然です。

受付でも「(予定は)男の子ですか?女の子ですか?」と聞かれました。

エレベーターで居合わせた他の家族連れとの会話も、

「男の子ですか?女の子ですか?うちは…」

となります。

(おばあちゃんらしき人に、「うちは男の子です」と言ったら「でかした」と言われたのは何とも言えない気持ちになりました(笑))

Twitterで呟く時も「甥っ子」「姪っ子」。

FTMで子供を授かった人たちも「うちの息子は…」と言ってません?

もちろん、悪意どころか他意もないですよね。

 

さてさて。

なんていうか、性別なんてどうでもいいって言ってる人って、やっぱ好きになれません。

性別ってそんな悪ですか?

他意はないんですよ。

でも重要なときもあります。

てかそんなもん。そういうもん。

性別なくせとかよく分からないです。

なんて言うか、いつの間にか自分が「傷つけてる側」に置かれてるとびっくりします。

「LGBTを理解しよう!差別を無くそう!」と叫んでる人は、他人を無意識に加害者にしてる気がしてならないのです。

あ、僕も当事者ですけどね。

 

例えば、親の気持ちを想像してみてください。

時と場合によっては「男の子が欲しい」「女の子が欲しい」ってあるじゃないですか。

(今回、兄夫婦は一人目だし、性別はどっちでも良かったみたいですが。)

 

子供の誕生日やお祝い事で、男の子に人形とかプレゼントしますか?

その男の子が人形が好きだとしたら、もちろん問題ないですけど。

仮に男の子が人形で遊んでいて、もしバカにされてやめるぐらいなら、じゃあやめちまえって思います。「その程度か?」って思います。

他にも、もし男の子が学校生活でスカートを履きたいと言ったら、まずはルールを教えます。

ただの好みで全てが自由になると思ったら、それってただのワガママじゃないですか?

そんなので学校に抗議したらモンペになっちゃいますよ。

まずはルールでしょ。その上でどうするか。

郷に入っては郷に従え、です。

え、トランスジェンダーだったら?って、そんときは僕がいるので大丈夫です。

その辺のこと、めっちゃ知ってますから(笑)

 

 

性同一性障害(FtM・FtX)ブログランキング
人気ブログランキングへ

 

 

 

 

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました