LGBTを語るのは難しい

 

調べれば調べるほど難しいです(笑)

 

トランスジェンダーって包括的な言葉なんですね。だから、性同一性障害も含まれてはいますが。。

性同一性障害の人がLGBTのTを語る場合、性同一性障害のボリュームが大きい印象です。

 

LGBTというワードは市民権を得てきました。「心と体が一致しない」というひとことで、ほとんどの人が性同一性障害だと認識すると思います。

 

でも性同一性障害じゃない人もいるんですよね。

 

性同一性障害とは、身体的性別(内性器や遺伝子レベルでの性別も含む)は明らかに男女どちらか一方であるが、その身体の性別とは反対の性別を一定期間継続的に自認していることが認められる人に与えられる医学上の診断名である。

 

これに対して、

トランスジェンダーを自称する場合、その人の性自認が男女いずれかに継続して安定的であることや、男女いずれかの性別役割を引き受けることは必須ではない。当事者の中には男女どちらにも自らを定位できないという人も存在するが、この場合にはトランスジェンダー集団には含まれても、 性同一性障害者とは認められない可能性が高い。

 

 

僕のイメージでは性同一性障害は独立国のようです(笑)

例えるなら、台湾人は自身のことをTaiwaneseと言いますが、中国人は台湾人のことをChineseと言います。「独立することを俺らは認めないぜ?」みたいな?

逆にややこしい?すみません(笑)

 

少なくとも僕は僕自身をトランスジェンダーとは思ってないし、人にはそう言わないです。説明が必要な場合は「性同一性障害」と言います。

でもLGBTには性同一性障害も含まれています。Tにはその意味もあるからです。分ける必要はない、と言う人もいますが、性同一性障害の人の性自認は男か女なんですよね。僕は曖昧ではないと断言できるのに、曖昧なグループと同列に語られるとモヤっとします。

同じように、Xジェンダーの方も、FTM活動家がLGBTのTの説明を「心は男です」と語っていたら、モヤっとしませんか?「わしゃ違うで」と思いません?

 

Xジェンダーもそうですが、最近、LGBTQやらIやらPやらナンタラカンタラ増えてますけど、それらはトランスジェンダーではないのでしょうか?

ってやっぱり違いますね。

 

でも、トランスジェンダーと性同一性障害の違いって明確じゃないですか?

男女どちらにも自らを定位できないという人、なので。

 

 

これだけ書いといてあれですが(笑)、僕はぶっちゃけ性同一性障害以外のことについてはほとんど無知です。Xジェンダーはもちろん、レズビアン、ゲイについてもよく分かっていないです。

 

 

 

長くなりましたが、LGBTを語るのは凄く難しいですね。まだまだ考えはまとまってないです。なので「LGBTを広めよう!知ってもらおう!」と言ってる人は凄いと思います。

ですが、自分が性同一性障害だからと言って、Tの説明を「性同一性障害です、女→男」と語ってはいけないと思います。それってXジェンダーなどを排除してません?理解を求めておいて、他はどうでもいいと??

もちろん、トランスジェンダーだからと言って、Tは病気じゃないとか、治療は必要ないとか言い切るのも違うと思います。

 

難しくてクラクラしてきました。でも脳みそのシワは増えていると思います。ニヤリ。

 

僕は。。個人的には性同一性障害はLGBTから切り離した方がしっくりきます。でも、そんな簡単な話じゃないのも理解しています。

色々ツッコミはあると思いますが、それはそれでありがたいことだと考えています。

 

 

参考サイト

「性同一性障害」概念の功罪: 当事者の救済と排除/吉澤 京助PDF
http://teapot.lib.ocha.ac.jp/ocha/bitstream/10083/59334/1/19%E5%90%89%E6%BE%A4.pdf

 

Transgender, Transsexual, Gender Identity Disorder
Strong feelings of being born with the wrong gender.

 

 

 

性同一性障害(FtM・FtX)ブログランキング

人気ブログランキングへ

 

 

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました