ケモノの城/誉田哲也

 

あらすじ

17歳の少女が自ら警察に保護を求めてきた。その背景を探る刑事に鑑識から報告が入る。
少女が生活していたマンションの浴室から、大量の血痕が見つかったのだった。
やがて、同じ部屋で暮らしていた女も警察に保護される。2人は事情聴取に応じるが、その内容は食い違う。
――圧倒的な描写力で描く事件は、小説でしか説明する術をもたない。

 

感想(ネタバレあるかも)

普通の若いカップルの普通な日常。

警察に保護を求めて来た少女の供述の裏付けに翻弄される警察。

二部構成で物語は進みます。

読み進めるとちょっと時系列がズレてる?と思いました。なんなら麻耶のその後が聖子なのか?なんて。

聖子のお父ちゃんが怪しいですよね。もう怪しさしかない。で、ほら。。

 

僕はだいたい著者買いと表紙買いと帯とか裏のだいたいのあらすじで決めて購入するんですけど(そんなもんか(笑))、これはこういう物語だったら購入してたかなー?なんて思いました。そういうのちょいちょいあるんですけね(笑)

というのも、この物語は多少のグロ注意だからです。

で、途中「これって。。」ってさすがの僕もピンと来ました。少し前にあった実際の事件を元にしてます。ワイドショーが、テレビが放映自粛した事件です。これはそのオマージュなんですかね?描写がリアルです。

僕、グロ系は好きじゃないです。でもこの著者の誉田さんの手にかかっちゃうと、見事に止まらなくなります。

「は?こうじゃないの?」

まんまと僕のチープな想像は誉田さんの手の中で転がされました(笑)

読みやすさ、スピード感、やられちゃいます。

 

「誰でもケモノ(悪)になれる」。。なってしまう?無意識に。怖いですね。

それは愛故なのか、保身なのか。。考えさせられました。

 

ラストを迎えたと思ったらまた思わせぶりなことするし!(笑)

上手いですね〜。ほんと引き込まれました。

 

ただ、賛否は分かれているようですね。そりゃそっか(笑)

 

 

性同一性障害(FtM・FtX)ブログランキング

小説ブログランキング

 

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました