完全犯罪/西村京太郎

 

 

あらすじ

“最もすぐれた殺人方法を示した者に大金をやる”空別荘に集められた四人に男は提案した。初対面の四人には共通点があった。それは殺人を犯し、逮捕されなかったということ。すなわち、「完全殺人」の成功者たちだった。凶器の消し方、アリバイ工作、動機の隠蔽、四人は自らの犯罪を語り始めた…。完璧な殺人とは?そして奇妙な提案の真意とは?サスペンス傑作集登場!

 

感想

8つの短編集です!

ひとつひとつのストーリーは、さすが大先生!と唸るのもありましたが、お、おぉ…と感じるのもありました。個人的には『アリバイ引き受けます』がなるほど!ミステリー!と唸りました!(笑)

ストーリーは全体的に分かりやすく、短編集だし、サクサク読めるものだと思ってたんですが…

なぜか進まないんですよね〜。一ヶ月近くかかった気がします。

なぜか!?

僕にはリズムが合わなかったんです。

「しつこく、警察から、尋問されました」

とか、句読点の、読点が多くてリズムがつかめなかったのです^^;

ラブ・レターとかも、真ん中の点が気になって集中できない…。

ストーリーじゃなくて、ストーリィとか…。

女中…女中?いつの時代!?とか、探偵の費用が一日5,000円とか、そこそこ昔の本なのかな〜とか、ちょこちょこ集中できませんでした。

面白いはずなのに、残念です。

僕の好みはテンポのよさとか、グイグイ引き込まれる臨場感?とか、そういうアレなんだと再確認しました!(ボキャブラリー不足!)

 

さあ、次は東野圭吾読むよ〜!

 

 

小説ブログランキング性同一性障害(FtM・FtX)ブログランキング人気ブログランキングへ

コメント

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました