神様の裏の顔/藤崎翔

 

 

あらすじ

神様のような清廉潔白な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみに包まれ、誰もが涙した。…のだが、参列者たちが「神様」を偲ぶ中、とんでもない疑惑が。実は坪井は、凶悪な犯罪者だったのではないか…。坪井の美しい娘、後輩教師、教え子のアラフォー男性と今時ギャル、ご近所の主婦とお笑い芸人。二転三転する彼らの推理は!?どんでん返しの結末に話題騒然!!第34回横溝正史ミステリ大賞“大賞”受賞の衝撃ミステリ!

 

感想(ネタバレはない(笑))

章ごとに一人称で語り手が次々に語っていきます。登場人物は多いんですが、一人一人が「こうだったよね、あんなこともあったね」と語りかけてくる形なので、めっちゃ読みやすかったです。うっかり一晩で読んじゃいました。(やめられない止まらないというやつです)

タイトルが「裏の顔」ですよ。語り手のどんないい思い出も『それ全部、裏の顔があるんだぜ』と読者は考えますよね。知らないのは登場人物ですもん。

で、これって作者が読者に与えた《先入観》ですよね。

登場人物一人一人が抱えてる《秘密》や《疑惑》というピースが集まって大きな一枚の絵ができるってわけです。その絵のタイトルはもちろん「神様は犯罪者」です。

でも、本当にそうなの?ってこの本はミステリーでした。

そうミステリーなんですよ〜〜〜!

そうそう!うっかり!忘れてた(笑)

 

納得したところは《疑惑》や《疑問》はそのままにはできないよね!ってところです。「おいおい、それはどういうことだい?説明してもらおうか?」って思っちゃうじゃないですかー。

気になって寝れないですよね。(寝る)

『人の心、裏の裏はただの表だったりして』と思い出しました。

 

そして、怖いなと思ったところは《空気》です。

KYという…空気を読むことって多々ありますよね。

同じく、空気に飲まれることもあります。

みんながこう言ってるから、あの人がそんなことするわけない、っていう空気。

あれは、空気を読んでの言動だったのか、空気に飲まれての言動だったのか、と自分を振り返りました。(2秒ぐらい)

張り詰めた空気とか、うーん。空気ね。空気ってなんだっけ(笑)

 

一人で抱え込むのってほんと良くないなあと思いました。

僕は何かを抱えてるのかなあ?そんなんないのかなあ?気付いてないだけ?

もし抱えてたとしても誰かにちょっと持ってもらってる気がするんですよね。

いつもありがとうございます(笑)

 

 

追記

作者は1985年生まれだって。

若いねー!ぶっとびー。

性同一性障害(FtM・FtX)ブログランキング
人気ブログランキングへ

コメント

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました