苦言や質問はフルシカトが特徴です。

 

 

僕はどこかの誰かに対して、共感なんかこれっぽっちも求めてないです。

僕の周りにいる人もそんな人ばかりです。

類は友を呼ぶんですよね。

 

ということでこちらどぞ。

『少し振り返る』
こんにちは。ツマ子です。はじめはコチラです。  夫と一緒に過ごした18年。私は何も考えずに一緒にいただけだけど、振り返ると”FtMだからこそ”の経験もあった。…

 

引用

戸籍変更というと、人によっては治療して戸籍変更して「はい、今日から男性の戸籍になりました」というスイッチの切り替えなようなイメージをされている方もいるかもしれないけど、本当に重要だったのは治療よりも男性としての実生活経験だったんだと思う。(夫の場合は、ね)

 

 

さすがしずかちゃんです。(違う)

 

僕のお話ですが、僕はホル中間もない頃、すぐ男として働きましたが今になって当時の写メを見るとヒドイです(笑)

よくこれで男だと通ったなあ、って(笑)
戸籍は女

でも僕はラッキー(池田)な時代だったんですよ。

LGBTも性同一性障害という言葉も知ってる人はまずいなかったんです。

認知度のにの字もなかったんです。

だから生きやすかったし移行もしやすかったなあとしみじ思いました、今になって

もちろん、移行中(当時)はそれなりに大変でしたよ?

大変じゃないわけないじゃないですか。

 

僕の(キャピキャピした)高校時代も、LGBTやらそんな言葉はなかったので、僕はただのゴリゴリボーイッシュでしたし、周りからも特に何も言われませんでした。

それはそれでラッキーじゃないですか?ん?

もし、男なんだねと言われたところで、体は女ですよ。辛いだけです。

10代学生じゃけっきょく何もできないし、そんな言葉は慰めにもなりゃしねえ。

大富豪も大貧民の気持ちも、なってみなきゃ分からないでしょ?

理解なんていらないしできないって!(笑)

同情するなら金をくれ!!

〜空と〜君との〜間には〜

 

自分で「FTMです」と言うことは、「体はです!」と言ってるのと同じだよ。

そんなんよっぽどじゃない限り言いたくねえぜ。てやんでい。

 

そんなナイーブな僕なので、僕のブログはどちらかというと当事者向けです。

だけど最近のブログあるあるは、FTMとしての治療が完了した人に限ってFTMの事情をアウティングしてますね。

呆れるばかりです。

 

大人のしずかちゃんブログからの引用です。

引用

けれど、これから未来が広がる世代の方はどうなんだろう。

色々済ませた人たちが、これからの人たちの”通常では得られない喜び”をひとつでも奪っちゃいけない・・・と、私は思うのよ。

 

奪ってる大人は多いと思います。

FTMの事情をペラペラとね。

苦言や質問はフルシカトが特徴です。

 

 

性同一性障害(FtM・FtX)ブログランキング
人気ブログランキングへ

 

 

 

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました