22年目の告白-私が殺人犯です- 2017

 

 

 

あらすじ

 

時効後に名乗り出た、殺人の告白。かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。その犯人が、事件から22年後、突然みずから名乗り出た。会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人という男だった。顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂!賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。それだけでは終わらない。マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、そして、サイン会まで。そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。それは、日本中を巻き込んだ新たな事件(ゲーム)の始まりだった……

 

感想

 

クズ役をやらせたらピカイチの藤原さんの登場です(笑) もう、このクズっぷりが最高です。ムカつきますよ〜(笑)

演技もストーリーも良かったです。邦画、洋画問わず「ご都合主義な展開」はなかったです。あったとしても、まあ気にならない程度ってことにしておきます(笑) それ以上にどんどんストーリーに飲み込まれていきます。

しょっぱなから「私が犯人です」って藤原さん登場ですもん。「は〜?」ですよ(笑) こいつ何がしたいの?このまま行ったらラストはどうなるの?どう着地すんの?と妄想が止まらない。つかみはOKです!(笑)

しょっぱな「は〜?」の、中盤びっくり仰天。ちょ、これ。。ほなこっからどうなるん?と、また引き込まれていきます。

上手い役者だと純粋に観れます。さっきまでああだった人がこんなんなるなんてえええ。と引き込まれました。僕はかなり楽しめました。

 

 

↑予告編観れます。

 

 

性同一性障害(FtM・FtX)ブログランキング
小説ブログランキング

 

 

コメント

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました