放課後/東野圭吾

 

 

あらすじ

高校教師(前島)が何者かに命を狙われる。その最中、生徒指導の教師が密室で殺された。前島を二人きりの旅行に誘った高原陽子、前島をナンパしてくるアーチェリー部主将のケイ、プライドか高く図の明晰な北条雅美、犯人は続々と登場する。。そして、二人目の教師が殺害された。前島は誰に狙われて、犯人は誰なのか?その目的とは?

 

感想

これは著者買いしました。(もう一つの僕の傾向はジャケ買いです(笑))これは東野圭吾のデビュー作だそうです。読み始めると、きっと「この人が怪しい」という人物が浮かんでくると思います。この流れから行くと、この人だな、間違いない。。え、違うの?あ、そうなの。。ええ!!!??です(笑)ラストでまた引っくり返されます。お見事です。

舞台は女子校です。青春そのものです。色をイメージすると絶対パステルカラーです(笑)そしていい匂いがします(笑)部活や体育祭に真剣にひたむきに向き合う姿は本当に眩しいです。自分の高校時代を思い出しました。確かに部活に学校行事に精を出していたと思い出しました。甘酸っぱい、青臭い、もう二度と味わえない輝かしい時代です。まあ僕は女子高生だったので男子高生として青春を謳歌したかったですね。もっと言うならば『性自認と身体の性別が一致』していたらもっと楽しかったのかな、と思います。あの頃でさえ十分楽しかったので、心と身体の性が一致していたらもっと楽しかった。。?と思うとゾクゾクします(笑)

 

 

小説ブログランキング

コメント

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました