月光のスティグマ/中山七里

月光のスティグマ

 

スポンサーリンク

月光のスティグマ

幼馴染の美人双子、優衣と麻衣。僕達は三人で一つだった。あの夜、どちらかが兄を殺すまでは―。十五年後、特捜検事となった淳平は優衣と再会を果たすが、蠱惑的な政治家秘書へと羽化した彼女は幾多の疑惑に塗れていた。騙し、傷つけ合いながらも愛欲に溺れる二人が熱砂の国に囚われるとき、あまりにも悲しい真実が明らかになる。運命の雪崩に窒息する!激愛サバイバル・サスペンス。
 

感想

幼少期のイケナイ遊びをしてるとこからスタートしてたもんで掴みはOKでした(笑)

そんな幼少期から思春期、そしてまあまあ経験を積んだ社会人へと物語は進みます。

甘酸っぱい思春期ってのはイイね(笑)

何であんなにカッコつけたりするのかね。

背伸びしちゃってさ(笑)

 

災害とか自分が大変なときに相手を助けられるかどうか。

人って自分に余裕があれば助けられるよ、他人を。

人は基本優しいよ。

「いい人なんだけどね…」

ってよく聞くじゃん。

だから人は基本いい人、のはず(笑)

 

タイトルの「月光のスティグマ」。

わかる人にはわかる"スティグマ"に「何やて?」と惹かれました。

もとはギリシア語から…と。

なるほど。

 

あとがきにあった内容だけど、この本にはアフォリズムのような言葉がたくさんあるそうで。

アフォリズム?なんじゃそりゃ?と思ったらちゃんと書いてあった。

アフォリズムとは短い言葉で人間と世界の本質をとらえる、本を閉じた後も読者の中に言葉が残る。

ほんまや!(笑)↓

 

 

 

 

 

 

 

2017/6/28 中山 七里(著)

 

 

犬猫みなしご救援隊
↑クリック!!

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました