ダイイング・アイ/東野圭吾

 

ダイイング・アイ/東野圭吾

 

あらすじ

誰もが少しずつ嘘をつき、
誰かを陥れようとしている。

記憶を一部喪失した雨村慎介は、自分が交通事故を起こした過去を知らされる。
なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。
事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。
しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める……。

俺をみつめるマネキンの眼。
そいつは、確かに生きていた。

 

感想

タイトルの「ダイイング・アイ」。

死に際の…ってことですよね。

毎度毎度、物語はタイトルに集約されてますね。

でも読んでる間はすっかり忘れちゃってます(笑)

 

主人公の雨村という青年は夜の世界で生きてる人で、バーテンダーです。

夜の世界、街、行き交う人々って、僕には無縁な話なので新鮮でした。

多くは語らず、目で語る、情報の駆け引きとか、僕はできないですよー(笑)

いや!気を引き締めたらできるかも!

 

-誰もが少しずつ嘘をつく-

惹かれました。

正直者はバカを見る、じゃないですけど、多かれ少なかれ誰でもきっとそうですね。

そして、それって、たぶん無自覚。

理由は、保身のためだったり、駆け引きだったり、ですか?

 

欲望や快楽に溺れちゃうのも痛いほど分かります!もう共感!共感!わーかーるぅー!です。

そういうのに溺れると、後で間違いなく痛い目に合うってことも知ってる!

(でも、物語とは関係ないけど、頭いい人は溺れないんだよー!)

 

やっぱり東野圭吾!っていうのかなあ。

サラサラするする読めました。

心情、描写、テンポ、バッチグーです。

ゾワゾワ、ゾクゾク、も良かったです。

 


 

 

性同一性障害(FtM・FtX)ブログランキング
人気ブログランキングへ
小説ブログランキング

コメント

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました