気付いたら「同性愛」の話をしてました。

 

彼の床屋にウッカリ付き添っちゃいました。

床屋着いて、気付いたら待合席?に座ってて雑誌読んでました。

 

床屋の兄ちゃんがよく喋る人でした。

会話は2割ぐらいしか聞こえなかったんですが、気付いたら「同性愛」の話をしてました。

そんで

床屋「女性同士で結婚した人いましたよね?すぐ別れたみたいですよ」

彼「聞いたことあったけどもう別れたの?」

床屋「そうみたいですよ。早かったです」

彼「へぇ〜」

他にも何か「同性愛関係」の話をしていましたが聞こえない?聞いてない?覚えてないし、そもそもなぜその話になったのかも分かりません(笑)

もうちょっと耳が良ければ…

つーか「僕に話しかけてない声」って聞こえないんですよね(笑)

 

もちろん床屋終わってから「何を話していたか」なんて彼も言わないし僕も聞かないし。

「よく喋る兄ちゃんだったね」

「ほんと、俺がそう思うぐらい」

「同じだけどね」

床屋についての感想はそれぐらいです(笑)

 

LGBTについて、非当事者?ヘテロ?の人の感覚ってこんな感じなんだ〜と思いました。

あくまで「へ〜」「ふ〜ん」なんだなと。(なんとなく知ってた)

床屋では差別的な言葉ってなかったです。

でも他人事ってのは無意識にあるだろうなあ。

それはなんにでもあり得ることですが。

 

 

 

性同一性障害(FtM・FtX)ブログランキング
人気ブログランキングへ

 

犬猫みなしご救援隊

↑クリック!!

コメント

Sorry!! Can not DL!!

タイトルとURLをコピーしました